menu

パソコントラブル解決

あなたが自力で行なうデータ復旧作業で、やってはいけない5項目

ああっ!! やってしまった!!

思わず叫びたくなるような、間違いのデータ消去!!

このデータが、何万円掛かっても復旧しなければならに様な大切なデータでしたら、
専門のデータ復旧サービス業者に任せる他はありません。

でも、もしこのデータが無くなっても諦めがつく場合は、
あなた自身でデータ復旧作業をやってみるのも良い経験となります。

データ復旧は大変難しいものと思いがちですが、
最近は、良質のデータ復旧用ソフトを有料、無料でインストールできるようになりました。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

然しながら、あなたがデータ復旧作業をする時に、
決してやってはいけない事項が5点ありますので以下に記述します。

(1) ハードディスクの分解はやってはいけません。

ハードディスクは1nm(ナノメータ)単位の超精密機器ですから、製作も無塵状態のクリーンルームで組み立てられ、極微細なフィルターを通して冷却用の空気を入れている状態です。従って、一度分解すると、二度と使い物になりません。

(2) データ復旧用ソフトのインストールは、データ消去前にしてなければなりません。

大切なデータ消去に気付いて、さて、データ復旧作業を始めようと、必要なデータ復旧用ソフトをインストールする訳には参りません。
まだ、パソコンが正常なうちにインストールしてなければ、復旧しようとしているデータが壊れる恐れがあります。

つまり、データ復旧作業中は如何なるソフトのインストールも、アンインストールもやってはいけません。

(3) パソコンの電源OFFは、必ず正規の方法を取って下さい。

強制終了や直接電源OFFなどを行ないますと、何が起こるか分かりませんので、
決められた正しい方法で電源を落として下さい。

(4) データ復旧作業中は当該パソコンでは、他のことはしないで下さい。

情報収取のための、インターネットやメールの使用は、別のパソコンやスマートフォンやタブレットなどを使って、決して当該パソコンを使ってはいけません。
インターネットやメールに使いますと、復旧しようとしているデータの領域に新しいデータが上書きされる恐れがあるからです。

(5) 復旧したデータは、外付きのハードディスクを使って、これに保存して下さい。

元のハードディスクに入れると、訳が分からなくなる事があるからです。
明確にするためにも、データ復旧作業が複雑にならないためにも必要な事です。

以上の5事項を守りながら、データ復旧が無事終了することを期待します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事