menu

パソコントラブル解決

悪徳データ復旧サービス業者にご用心!!

或る日突然、パソコンが動かなくなって、色々な資料とパソコンの状況とを睨めっこで調べてみたところ、ハードディスクの障害であると判断できました。

どの資料を見ても、ハードディスクの故障の時は、そっとしていて、先ずは良いデータ復旧サービスの専門業者を探して、現状を話して、相談することを進めています。

さて、データ復旧に要する費用を見てみますと、あまりにも価格の差がありすぎて、本当に困ってしまいました。そんな人が結構います。

以上のような状況に置かれ、またどうしてもデータの復旧を必要とする人に、注意を促しておきたい事がありますのでここに記述します。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

データ復旧サービス業者の中には、依頼人が素人であることを食いものにして、悪徳を重ねる業者もいるようですから、注意が必要です。

このような業者は、見積り無料と言って、先ず現物を見ないと分からないからと、現物を依頼者に送らせることから始まります。

そして、「物理的障害があるので、xxx万円以上は掛かりますがどうしますか」と言ってきます。

とても高すぎるので、「諦めますので、返送してください。」と言いますと、確かに運送費後払いで返送されます。

返送されたハードディスクは、こちらから送付する時よりももっと悪い状態になっているので、この事を業者に電話すると、「こちらに来て悪くなったとは、とんでもありません。データ復旧には、前にも申しました通りxxx万円掛かりますが、弊社であれば短期でデータ復旧は可能であることまでは分かっています。」との返事が返ってきます。

このプロセスは、悪徳業者の常套手段で、実際は、依頼者から送られたハードディスクのデータをバックアップコピーして、次に、ハードディスクのデータを消去してしまいます。そして、ある程度の物理的障害を加えて、依頼者に返送します。

ですから、返送されたハードディスクを他の業者に見せても、ハードディスクのデータは消去されていますので、「データの復旧は不可能です」との返事が返ってきます。

証拠は悪徳業者が持っているだけで、依頼者はどうにもならない状態に追い込まれてしまいます。

どうしても、復旧が必要な場合は、致し方なく言いなりの価格で依頼せざるを得ない状況になります。

業者にしてみれば、前もってデータを取ってありますから、何も苦労せずにデータの復旧をして、大金が転がり込んでくると言う訳です。

このような悪徳業者とのお付き合いを避けるためには、長い期間データ復旧の実績があること、これまでの依頼者の数が多い事、また、多くのクチコミなどを調査して、信頼のおけるデータ復旧サービス業者を探して、電話での対応などで判断する事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事