menu

パソコントラブル解決

あなたが自力でデータ復旧作業を行なう時の注意事項

誤ってデータを削除してすぐに気付けば、あなたでもデータ復旧作業をする事は可能です。

しかし、その場合には様々な条件があり、注意しなければならないことがありますので、以下に紹介します。

データを削除した時点では、データそのものは、まだハードディスクに残っており、そのデータに「削除のフラグ」が立っているだけです。

しかし、「削除のフラグ」が立っていると、その場所は「空き領域」とみなされ、何時でも次のデータが上書きされる恐れがあり、ここに新しいデータが書き込まれると、ハードディスクの古いデータは消されてしまいます。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

従って、以下のような条件・注意点が生まれてきます。

1) 若しあなたがデータの復旧作業に失敗しても、諦めのつくデータである事。
つまり、最初からデータ復旧サービスの専門業者に依頼していれば復旧出来たデータも、あなたが失敗すれば復旧は不可能になるからです。

2) データの復旧作業中に、決してほかのことをパソコンでやってはいけません。
つまり、当該パソコンでほかのことを行なうと、復旧したいデータの上に新しいデータが書き込まれ、復旧したいデータが消えてしまうからです。
これは、チェックディスク、スキャンディスク、デフラグ作業も意味します。
データ復旧作業中は、その事だけに限ってパソコンを使用して下さい。

3) 復旧したデータを保存するには必ず、外付けのハードディスクを使用して下さい、
つまり、データ復旧作業の複雑化を避けるためと、復旧したいデータまで壊してしまう危険性を避けるためです。

4) 情報の収集や検索のためのパソコンは、別のパソコンで行なってください。
これは、2項と重なりますが、決して不用意に、当該パソコンでインターナットなどを使ってはいけません。インターネットを使っても、メールを使っても、復旧したいデータの領域に新しいデータが上書きされる恐れが十分あるからです。

データ復旧に要する費用のことを考えると、どうしても自分で出来るならばやってみたいものですが、以上のような条件・注意事項は確実に守ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事