menu

パソコントラブル解決

ゴミ箱を空にした後のデータ復旧に関する注意事項

誰でもゴミ箱に、記事やデータや書類を捨てる時は、良く気掛けて捨てますので、少しでもゴミ箱にたまれば空にしたくなります。

でも、たまたま捨ててしまったデータの中に、必要なものがあった場合はどうすれば良いのでしょう。

気付いた時点で、データ復元のためには以下の事項に注意しなければなりません。しかしながら、気付いた時点が遅い場合は、データ復元の可能性は少なくなります。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

1) データ復元の必要に気付いた時点で、当該パソコンの使用は中止します。

とにもかくにも、当該パソコンを使えば、どこかにデータが書き込まれますので、復元したいデータに上書きされる恐れがあります。ですから、すぐにそのパソコンの使用はやめるべきです。

つまり、データ復旧用のソフトをダウンロードしたり、インターネットを使って色々な情報を集めたりしなければなりませんが、このような作業はすべて、別のパソコンでしなければなりません。

2) 復元データは、元のハードディスクに入れることを避けて下さい。

必ず、別のデータ格納用の外付けハードディスクを準備して、これに復元データを入れて下さい。

そうしないと、復元作業の操作も複雑になるばかりでなく、復元したいデータの取り出しすら出来なくなる恐れが出てきます。

以上の注意点を勘案しますと、どうしても別のパソコンと外付けハードディスクが必要で、一般のパソコン使用者では無理な点があります。

ですから、先ずゴミ箱に捨てる時に、充分な確認をする事と、今後必要と思われ、容易に知ることの出来ないデータは、必ずバックアップを取っておくことです。

最近は、以前のフロッピーディスクに代わって、比較にならないほどの大容量のメモリーの記憶媒体が多種多様にしかも安い価格で販売されていますので、これらを上手に使って自分が好きな方法で、バックアップデータを保存されることをお勧めします。

パソコンの使用を終わる前に、バックアップデータを取る必要があるかどうかを確かめ、必要なデータはバックアップを取ることを習慣づければ、色々な障害やミスがあった場合にも、大きな損害が無く、また、費用も大幅に節約できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事