menu

パソコントラブル解決

ハードディスクを開封確認しない業者は悪徳

パソコンは年々大容量化し、想像も出来ないような超精密機器に変化しています。

ですから、ハードディスクが物理的な障害を起こした事が分かった場合は、とても一般の使用者ではデータの復旧は出来ませんから、専門業者に依頼するほかありません。

そして、ハードディスクを開封しないとデータの復元が出来ないと判明すれば、そのハードディスクの寿命が来たものと諦めるほかありません。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

ハードディスクは金属あるいは硬化プラスティック製の筐体の中に、プラッタと呼ばれるガラスや金属などで作られた薄い円盤が1乃至数枚同軸に固定され、これが5,000rpm以上の回転数で回転するようになっています。

プラッタには、同心円状に巾100nm,厚さ1nmの磁気記録膜が貼り付けられており、その上には保護膜が塗布されています。

このプラッタ上の磁気記録膜にデータを着磁あるいは読み取る磁気ヘッドは、アームの先端に取り付けられていますが、このアームはプラッタの外側に支点があって、毎秒約100回左右にヘッドを振ってプラッタ上の磁気記録膜にアクセスします。

プラッタの回転が始まりますと、プラッタ上に乗っていた磁気ヘッドは、空気圧により浮き上がりますが、その時のプラッタ磁気膜と磁気ヘッドの間隔は、10nmしかありません。

1nmは、100万分の1ミリメートルですから、ハードディスクの中は、想像を絶する超精密な世界の中で駆動している訳です。

ナノメートル単位で駆動するものが、我々の生活の中に入り込んでいるとは、大変な世の中になったものです。

このような超精密な機器ですから、如何に小さな塵埃も機器の中に入って来ては困りますので、組み立ての際は、必ず無塵のクリーンルームで組み立てられます。

以上のことから、一度開封すれば、再び使用する事が無理な事はお判り頂けるでしょう。

ですから、ハードディスクをデータ復旧サービスの専門業者に渡した場合は、開封するかどうかを確認して、開封する場合は、そのディスクは二度と使えないものと諦めなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事