menu

パソコントラブル解決

オントラックのデータ復旧サービスの評判はどうなの?

最近の社会のコンピュータ化は、目覚ましいものがあり、
我々の身の回りにも数十個のマイコンがあるほどです。

また、パソコンも家庭に1台はあるような社会ですから、
家庭向け、企業向けを目的とした、
データに関するサービスを行なう企業が沢山あります。

このようなデータサービス企業が、
数多くの大容量記憶媒体を使ったディスクを使っていますので、
データ復旧に関する需要が急増しています。

世界最大手のオントラック社(米国)と技術提携している「ワイ・イー・データ社」の情報セキュリティーグループでは、データ復旧に関する事業を行なっていますが、一般には「ワイイーデータ・オントラック」と言う名前が通っています。

この「ワイイーデータ・オントラック」には、
ハードディスクに精通した技術者がいますので、
データ復旧に関しては業界でもトップレベルの復旧率を誇っています。

費用に関しては、法人の場合少なくとも 40万円以上になり、
個人の場合はこの2/3から1/2程度と考えておくと良いでしょう。詳細はオントラックに一度、相談してみることをおすすめします。

調査が依頼されると、完了した時に回収することの出来るファイルの名前や、回収精度の報告がありますので、この報告によって依頼者が次の行動を判断する事になっています。

データ復旧の行動の流れは、次のようになります。

1. 障害発生時にY・Eデータに問い合わせ。
  電話やFAXなどで連絡すると、担当者が最適なデータ復旧の方法を知らせます。

2. 調査復旧作業に同意後、調査依頼書に必要事項を記入して、故障品と共にY・Eデータに発送します。

3. Y・Eデータにて調査完了時、障害の内容と復旧費の見積もりが報告されます。

4. この報告書を見て、復旧を希望するならば、データ復旧依頼書に必要事項を記入して返送します。

5. Y・Eデータにて復旧終了後、復旧したデータを入れた媒体を依頼者に送付します。

なお、費用の支払い方法は色々あり、依頼書で決まります。
また復旧不能の場合は、故障媒体が返却されます。

なお、個人で申し込み場合と法人で申し込む場合の主な違いは請求書などの事務手続きの他、復旧指定できるフォルダ数などの違いがあります。個人プランでは指定できるフォルダ数が少ないのです。

ですが料金は高くても技術が確かで信頼がおける点がオントラックの特長です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事