menu

パソコントラブル解決

データ復旧サービスの相場は?費用や平均価格は幾ら?

近頃は、700万社以上あると言われている法人や一般の家庭でも、パソコンを最低1台持っている時代となりました。

特に会社ではパソコンを常に使っている人は経験されることでしょう。ですが、 突然、電源を入れても動かなかったり、電源は入ってもWINDOWSのロゴマークでストップしたり、そもそもロゴマークさえ出ずに起動できないトラブルもあります。

その他にも、訳の分からないエラーメッセージが出たり、何しろ、パソコンはブラックボックス化されていますので自分1人だけで直ぐには対処できないようなことが良く起こります。

パソコンを構成している機器の中でも、主記憶装置であるハードディスク(HDD)は、超精密な機器であると共に、駆動部分が多く、故障する事が多い機器です。

このハードディスクの中には、パソコン使用者の大切なデータが記録内蔵され、障害が起こった場合は、大切なデータを復旧しなければ困った事態となります。

相場を理解していないと損することも

常日頃、きちんとバックアップデータを取っていれば、たとえ、ハードディスクが故障しても、ハードディスクの中のデータを復旧する必要はありませんが、データのバックアップを暫く取り忘れていた頃に起こるのがパソコンのトラブルです。その場合はどうしても復旧の必要が生じます。

では、一体データ復旧には幾ら位の費用が掛かるのでしょうか?

実は、データ復旧の価格は、有って無きが如しと考えてもよいくらいで、依頼する場合のハードディスクの障害の内容によっても異なります。データ復旧サービスの業者によっても千差万別ですが、おおよその相場、平均価格というものが存在します。

この平均価格を理解していないと、「データ復旧サービス会社に調査見積もりを出してみてからビックリした」とか、「あまり評判の良くない業者で調査してしまった」とか、「あとから考えるともっと安い業者があったのに」など、後々、後悔する事態になりやすいので特に注意が必要です。

 

論理障害の場合で、2~20万円
物理障害の場合で、10~100万円
もう少し詳しく記載すると下記の表のようになります。

障害別費用の相場

ハードディスク1台のケース


障害の程度 相場
軽度 2万円~5万円(税抜)
中度 5万円から13万円(税抜)
重度 13万円から40万円(税抜)

ノートPCやデスクトップPC、USB外付けHDDなど、ハードディスク単体の場合、約70%が物理障害などの重度障害と言われています。70%ですから、ほとんどが重度障害だと思っていた方が良いでしょう。

ハードディスクの記録容量や復旧データによっても、料金が違う業者がありますが、重度障害の相場は13万円から40万円ほどになります。大体、30万円前後です。

あなたが思っていたより、高かったのではないでしょうか?

費用は障害によってかなり幅が広いので、先ずは信用のおける専門業者を探すことが肝要です。

今一つ大切なことは、障害が起こった時に、通電をしハードディスクを駆動するようなパソコンの操作を行なうことは、よほどパソコンに詳しい人でなければしない事です。大体が悪化させてしまい2度とデータ復旧ができない状態にしてしまうケースが多いからです。

ハードディスクの障害と分かれば、正常な方法でパソコンの電源を落とせば、損害の拡大はしなくて済みます。というのも下手にデータの復旧を行なうと、かえって障害が拡大し、復旧困難となりやすいからです。

「カッタン、カッタンとハードディスクから異音がする」、「誤って机の上から外付けハードディスクを落としてしまった」、「そもそもモーターが回転している様子がない」、「メーカーのサポートセンターと電話でやり取りしたけど、ハードディスクの故障でしょうと言われた」、などハードディスクの障害と判明すれば、信用のおけるデータ復旧サービスの専門業者を探して、その上で、データ復旧サービスを受けるかどうか判断して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事