menu

パソコントラブル解決

データ復元サービスの専門業者には、どんな時に依頼するの?

パソコンを使用していると、間違った操作をしたり、誤って必要なデータを削除してしまったり、などで急に変な動作になる事があります。

また、振動や衝撃などでハード的な不具合が生じて、起動しなかったり、エラーメッセージがでたりします。

ここでは、パソコンのデータが何らかの原因で、消失した場合に付いて考えます。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

1) ゴミ箱に入れた場合
この場合は簡単に、必要な項目だけを元に戻す操作で復旧できます。

2) ゴミ箱に有ったものを削除した場合、および、ファイルを削除した場合
この場合は、削除されたデータは未使用領域としてみなされますので、
削除された時点では、まだハードディスク内に残っていますが、その後新しいデータが来た時に上書きされる恐れがあります。
従って、削除後に必要だと気付いたならば、直ちにパソコンの使用を中止して、データ復旧サービス業者にデータ復旧の依頼をすべきです。

3) パソコンのハードウエアの故障の場合
ハードディスクから変な音が聞こえたり、逆に、モータの回る音がしなかったりする場合や、パソコンのコンデンサが不良になったり、電池が切れたりした時に、パソコンが起動しません。
この中で、ハードディスクに障害が起きた時が問題で、データ復旧サービス業者にデータ復旧の依頼をすべきです。

データ復旧には費用が掛かりますので、常日頃バックアップデータを取っていれば、データ復旧の必要はありません。

ですから、しっかりした法人や個人は、コンピュータに障害が起こった場合を考慮して障害対策を取っています。

常々バックアップデータを保存する事も一つの方法ですが、RAID (Redundant Array of Inexpensive Disks)と呼ばれ、2台以上のハードディスクから構成される障害対策規格を使用する事も考えられます。

最近は、ハードディスクの価格も安くなっていますので、費用対効果のことを考慮すれば、RAIDを構成して使用するのもよいでしょう。

データ復旧サービス業者は、需要の増大に伴って沢山ありますが、中には弱みに付け込むような業者もいるようですから、信頼のおける業者を選ぶ事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事