menu

パソコントラブル解決

スマートフォン携帯電話とSDメモリーカードのデータ復旧は可能なの?

最近の携帯通信機器の発達には、目を見張るものがあります。

大変使い易くなった理由の一つに、大容量の小型のメモリーが利用できることがあります。

スマートフォンのように小さい品物でも、SDメモリーカードを内蔵していれば、アドレス帳や画像、音声、メモなど相当なメモリーを要する保存も可能になります。

SDメモリーカードは、もともと1999年に、パナソニック・東芝・サンディスクの三社が同じ規格で開発したメモリーで、スマートフォンだけでなく、デジタルカメラやテレビや最近ではパソコンなどにも、小型の記憶媒体として使われています。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

SDメモリーカードに一度記録したデータを誤って削除、上書きをしたくない時は、データ消失防止用ロック機能が付加されており、カード側面のつまみをロック位置に移動する事によって、データの消失を防ぐことができます。

携帯するのに便利なように、小型化も年月の経過とともに進み、一般的に市販されているSDメモリーカードの最大容量は2GBですが、動画も撮影するような場合は、通信速度も速く記憶容量も大きいものもあります。

スマートフォンの場合は、動画を撮影しなければ、2GBもあれば充分です。

なお、SDメモリーカードの方は急速に発達をしており、通信速度も、Class 2(2MB/秒)からClass10(10MB/秒)まで、記憶容量にしても16MBから2TBまでのものがあり、ここまで発達しますと、SDメモリーカードの応用分野をぐんと拡大できます。

つまり、パソコンデータのバックアップ用にSDメモリーカードの大容量のものを使って、多少手間は取るかも知れません。

ですが、毎日バックアップを取っておく事も出来ますし、近い将来には、パソコンに使ってある、超精密で駆動部分があるハードディスクも、駆動部分の無いSDメモリーカードにとって代わる可能性も充分あります。

SDメモリーカードの将来性は、信頼性と寿命にかかっており、前途洋々たるものがあると言えます。

パソコンからハードディスクが無くなったら、どれほど故障が少なくなるか、また、ノートパソコンがどれほど軽くなって、振動にも強くなるか、などなど、考えるだけでもワクワクします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事