menu

パソコントラブル解決

ハードディスクのファイル管理システム2種類NTFSとFAT

コンピュータ関連技術の発展は急激なもので、ハードウエアの発達につれて、ソフトウエアもこれに追従しなければなりません。

ハードディスクのファイル管理システムがよい例で、パソコンのメモリー容量の急増に伴って、古いソフトでは処理できなくなって、どんどん大容量に対応するものとなり、また、機能も大幅に拡大しています。

ウィンドウズ系の場合は、FAT(File Allocation Table) と、NTFS(NT File System)の2系統が使われています。

あとで後悔する前に知っておきたい!

データ復旧費用の相場は?

Contents

FAT

もともと、MS-DOSのファイル管理システムに使われていたものですが、その後広くウィンドウズ3.1や9Xなどに採用されています。

FATでは、ディスクを「クラスタ」と言う単位に分割し、データの容量によって、このクラスタを何個か割り当ててファイルを構成します。

そして、ファイルを構成しているクラスタの情報をFATで管理します。

クラスタのサイズが大きくなれば、全クラスタの数は少なくなり、管理面では楽になりますが、1バイトでもクラスタが1個必要になります。

ですから、クラスタのサイズが大きすぎると、ディスクの使用効率が悪くなります。
従って、適切なクラスタのサイズとする事は大切な事です。

FATには、12、16,32、のタイプがあり、それぞれ 2の12乗、16乗、32乗個のクラスタに分割し管理ができます。

NTFS

ウィンドウズNT系パソコンのOS用に作ったファイル管理システムです。

パソコンの記憶容量が大きくなってきたため、FATでは対応できないと分かり、大容量用に開発し、信頼性、機能性 がFATに比べて大きく向上しています。

複数の使用者ごとにアクセス権の設定ができるACL(Access Control List)や、ファイルの作成中に停電があっても、データが無くならないジャーナリングファイルシステムや、ファイルやフォルダを暗号化するEFS(暗号化ファイルシステム)などが代表的なものです。

NTFSの問題点は、これがウィンドウズNT系のパソコン用に開発されていますので、ウィンドウズ9X系やマッキントッシュやユニックス系からのアクセスは、困難で制限を受けると言う点です。

ちなみにマック系はHFS+というファイルシステムです。

ですから外付けで使用するディスクなどは、NTFSとFATを混在させている状況です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事